ニュース

2019.08.02

eumo Academy 親子セミナー「親子で学ぶお金の教室」開催のお知らせ

eumo Academyで夏休み中の親子むけに新しいコースの特別イベントを行います!

親子で学ぶ、「親子コース」として、まずは特別企画として
第一勧業信用組合さんとの共催で、「親子で学ぶお金の教室」を開催します。

第一勧業信用組合の新田信行理事長と株式会社eumoの代表取締役の新井和宏とで、「お金のお話」をします。
そもそも「お金」ってなに?と聞かれると、難しいですよね。
金融の世界でお金と向き合ってきた二人が、お金をわかりやすく伝えるには?ということを真剣に考えながら、お話をします。
ぜひ、一緒に普段身近に扱っている「お金」について考えてみましょう!

また、普段、親も子もそろって、同じテーマについて学び、考えるという機会もなかなか多くはないと思うので、ぜひこの機会に親子で参加してみませんか?

 

【日時】2019年8月17日(土) 14:00~16:00
【場所】第一勧業信用組合 本部3階・大会議室
【参加費】無料
【お子さんの対象年齢】10~18歳※基本は親子でご参加ください。
【お申し込み】申し込みフォーム

みなさんのご参加をお待ちしております!

2019.07.12

【ニュースリリース】認識の拡大を促し、知識の蓄積だけではない「人間力」の成長を目的としたeumo Academyのオンデマンド講座を開設!

 

株式会社eumo(社名:ユーモ、本社:東京港区、代表取締役:新井和宏)は、2019年7月12日よりオンデマンド講座サービスを開始します。(株) eumo の目指す「共感資本社会の実現」に向け、人財教育事業として eumo Academy を本年4月から開校しました。eumo Academyでは、知識やスキルの獲得ではなく、普段触れることない分野の知識や考えにふれることによって認識や意識の拡大を行い、実践の場で生かせる学びの場を作ってきました。今回、eumo Academy で好評価を得た、基礎講座をオンデマンドで有料公開します。

 

    

 

  1. オンデマンド講座の概要 

基礎講座では、論理的確信としての自己認識の土台として、科学的側面と哲学的側面からの探求を行うことを目的に、様々な分野で、個性豊かな活動を実践されている講師による現代科学の限界理解と、次の社会創造の方向性を模索する濃密な座学講座を実施しました。その講義内容を、インターネットを通していつでもご覧頂けます。この動画は、実際に eumo Academy に参加した受講者の質疑応答や、講座での学びによる成長の様子も試聴できる構成になっています。オンデマンド講義の試聴者は、受講生の視点を通して学んでいけます。

 

【講座科目】

第1回 共感資本社会 「共感資本社会実現への挑戦」 新井 和宏氏
第2回 幸福経営論 「幸福経営学とユーダイモニア」 前野 隆司氏
第3回 自然科学、生命科学 「いのち中心主義の未来へ ~いのちの歴史から~」 稲葉俊郎氏
第4回 貨幣論、ブロックチェーン 「共感資本社会におけるブロックチェーン、仮想通貨の可能性」  榊 正壽氏
第5回  SDGs経営 「SDGsと世界の潮流に対する知識ベースのSDGsの実践 〜共感を伴う共同化からの視点〜」  高山 千弘氏
第6回  発達理論 「成人発達理論」 立石慎也氏
第7回 地域環境 「essaiとしての“地域(環境)論” ~いまここの風景と同期するための~」 竹本 吉輝氏
第8回 基礎講座総括 「これからの社会創造 ~社会の成長と個の成長~」 岩波 直樹氏

 

 

  1. 企画背景

eumo Academy の本コースでは、座学である基礎講座で学んだ後に、地域企業とのフィールドワークを実践しています。その際に、基礎講座で学んだ内容や、広がった認識を実践の場での活動、アウトプットに活かしていきます。物理的な事情などで、参加できなかった受講希望者もいましたので、基礎講座を希望者に試聴していただくことで、それぞれの活動への一助となることを期待して、この動画配信サービスを実施することにしました。また、今後の展開としてオンデマンド講座受講生限定のフィールドワークなどを予定しています。オンラインのみならず、オフラインでの活動を通じて価値創出ができる人財が育つ実践とネットワークの提供を行っていきます。

 

  1. オンデマンド講座詳細

講座数:8コマ(各2時間程)

受講料:50,000円(消費税別) / 期間:半年間視聴無制限

サイトURL:http://eumoacademy.com/

 

 

  1. 株式会社eumo 概要(2018年9月13日設立)

社名:株式会社eumo(ユーモ、英字名eumo Corporation)

本社所在地:東京都港区六本木7丁目3−13 トラスティ六本木ビル7階

代表者:代表取締役 新井和宏

 

  1. 本件に関するお問い合わせ、ご質問、取材のお申し込み先:株式会社eumo 広報担当 伊藤、牧

TEL:03–6455–4084  FAX:03- 6455-5416   email:academy@eumo.co.jp

2019.06.25

【ニュースリリース】都会と地域を共感でつなぐ共感コミュニティ電子地域通貨 eumo(ユーモ)実証実験を 9 月に開始。参加者2千人を募集!

 

【本件概要】

株式会社 eumo(社名:ユーモ、本社:東京港区、代表取締役:新井和宏 以下「当社」)は、株式会社フィノバレー(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:川田 修平、以下「フィノバレー」)、株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋博之、以下「ポケットマルシェ」)、IKEUCHI ORGANIC 株式会社(本社:愛媛県今治市、代表取締役:池内計司・阿部哲也、以下「IKEUCHI ORGANIC」)とともに、当社独自の電子通貨を決済手段として、都会の消費者と地域の生 産者を繋ぎ、共感を広げることを目的とした電子通貨の実証実験を、2019 年 9 月 15 日より全国の eumo 加盟店(以下「加盟店」)で実施します。

当社の目標である「共感資本社会の実現」に向け、当社の電子通貨事業として、「参加者が加盟店のある地域へ赴き、生産者と 交流を深める」ことを促し、「参加者、生産者、地域住⺠の間で共感をひろげる」ための仕組みを模索してまいりました。参加者、生産 者とを繋げるウェブサイトの開設、スマートフォンで利用可能な独自通貨の利用、独自通貨でしか得られない製品・サービスの提供といっ たことを通して、その実現性を検証したいと考えています。今回の実証実験においては、通貨のプラットフォームとしては、地域通貨で実 績のあるフィノバレーが提供する「Money Easy」を利用することとしました。生産者としては、ポケットマルシェの登録生産者の5拠点 や、IKEUCHI ORGANIC の今治本社等にて特別な商品の購入や体験を計画しています。

今回実証実験する通貨には、1ウェブサイトにて、参加者の通貨使用の履歴を、人、モノ、場との感謝・共感とリンクできる。2短期間で失効することによりマネーフローの最大化を狙う。3失効した通貨は、共感の強さ、リピートの有無、移動距離の⻑さなどにより還元 率を設定し、参加者に還元する。といった特徴を設定します。また、実証実験中は、一般消費者の購買行動の把握や、生産者の体 験を聴取することにより、本サービスの実現可能性について検証を行います。

 

【実証実験の概要】

(1)通貨名称: 共感コミュニティ電子地域通貨 eumo(ユーモ)
(2)オフィシャルサイト:https://currency.eumo.co.jp
(3)発行者: 株式会社 eumo
(4)使用システム:電子地域通貨プラットフォーム 「MONEY EASY」 株式会社フィノバレー
(5)実施期間:2019 年 9 月 15 日(日)から 2020 年 2 月 29 日(土)まで
RAMICS2019 第 5 回貨幣革新・地域通貨国際会議 飛騨高山大会にて本実証実験を発表
(6)実証実験参加者:2 千人を募集
(7)利用方法:スマートフォンの専用アプリをダウンロードし、
      1eumo(ë)=1円でチャージした上で加盟店に設置した
      eumo 専用商品 QR コードを読み取り、
      利用代金をキャッシュレスでアプリ内決済する
(8)発行通貨:1円=1ë(eumo)
(9)通貨有効期限:購入日から 3 ヶ月予定(実証実験後は 6 ヶ月を想定)
(10)通貨販売方法:チャージ機、プリペイドカード、振込対応等
(11)eumo 加盟店:株式会社ポケットマルシェ 登録生産者5箇所、
      IKEUCHI ORGANIC 株式会社(愛媛県今治市)、
      他、日本全国 20 箇所を予定

 

【企画背景】

少子高齢化、東京圏への過度の人口集中など進むなか、地域の各企業はそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な発展を 実現することが不可欠になってきています。新しい価値観を反映した電子通貨をコミュニケーションメディアとしてとらえることにより、 都会と地域が繋がる共感社会を実現することが可能となると考えます。ターゲットやその行動分析、各種施策を検証することで対 象者のニーズを掘り起こし、持続可能な企業経営、地域活性化施策の企画立案を目指していきます。統合的なソリューションを 提供し、実際に利用頂くことでその有用性を検証したいと考えております。

 

【株式会社ポケットマルシェ概要】

社名 株式会社ポケットマルシェ
本社所在地 岩手県花巻市藤沢町 446-2
設立 2018年9月13日
代表者 代表取締役 高橋博之
事業内容 生産者と消費者を直接繋ぐCtoC プラットフォーム
「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営

 

【IKEUCHI ORGANIC 株式会社概要】

社名 IKEUCHI ORGANIC 株式会社
本社所在地 愛媛県今治市延喜甲 762 番地
代表者 代表取締役 阿部哲也
事業内容 愛媛県今治市に本社を置く、最大限の安全と
最小限の環境負荷でタオルを中心としたテキスタイルを
つくるトータルオーガニックカンパニー。
企業指針は「2073 年(創業 120 周年)までに
赤ちゃんが食べられるタオルを創る」。

 

【株式会社フィノバレー概要】

社名 株式会社フィノバレー
本社所在地 東京都港区麻布台 1-11-9
BPR プレイス神谷町 9F/10F
設立 2018年9月13日
代表者 代表取締役社⻑ 川田 修平
事業内容 電子地域通貨プラットフォーム
「MoneyEasy」を中心としたフィンテック事業

 

【本件のお問い合わせ先】

株式会社eumo
広報担当
TEL:03–6455–4084 FAX:03-6455-5416
email:pr@eumo.co.jp

 

ニュースリリース共感コミュニティ電子地域通貨eumo実証実験のお知らせ