ニュース

2019.03.04

eumoの共感取引先のご紹介

先日、お付き合いのある株式会社MS&コンサルティングさんがマザーズ市場から東証1部へ市場変更され、eumoからお祝いの気持ちを込めてお花を送りました。改めましておめでとうございます!

ちょっと特別なものをお送りしたくて、
今回AlonAlon(アロンアロン)さんでロゴや文字を入れて頂けるお花をオーダーしました。


AlonAlon(アロンアロン)さん


https://www.alon-alon.org/
日本で初めての胡蝶蘭栽培を行う障がい者就労継続支援B型事業所をつくった農福連携の胡蝶蘭店。アロンアロンさんでお花を購入すると、お花を栽培した障がいを持った方々の所得となります。

お花を頼んだあと、ちょうど那部社長からメルマガを頂いたので、以下一部紹介をさせて頂きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今月は障がい者の「働く」についての問題点をお話したいと思います。
AlonAlonオーキッドガーデンのような就労継続支援B型事業所の役割は
「障がい者を就労させることを念頭に置きスキルや技能を身に着けること」とされております。

 

しかしながら、何十年も現行制度で運用しているにも関わらずB型事業所からの就労は1%。
99%の人が就労できていません。

就労できない99%の障がい者は月額1万5千円程度の工賃で働いております。
B型事業所で働く障がい者の数は約30万人。

30万人に支払われている工賃の年間総額は540億円。
にも関わらず、そこに投入されている国家予算は3000〜4000億円。
何もしなければ毎年100万円以上を30万人の障がい者に配れる計算です。
おかしくありませんか?

 

就労継続支援B型事業所の収入は利用する障がい者の数で決定されます。
よって障がい者の就労は事業所の収入減に直結します。
また障がい者に支払う「工賃の会計」と事業所職員の給料を払う「事業所会計」は別。

最近ではようやく工賃の安い事業所と高い事業所で僅かな報酬の違いがでてきましたが、
今までは工賃が0でも事業所会計には影響しませんでした。

なので工賃を生み出す作業場に多くの投資を行う事業者はおりませんでした。
現行制度では障がい者とB型事業所の経営者の利益が相反しているのです。

 

AlonAlonで働く障がい者は、AlonAlonオーキッドガーデンで
全国平均の何倍もの工賃を得ながら胡蝶蘭栽培を習得し、その後お花の沢山使う企業に就職します。

「そんなことしたらAlonAlonの収入減になるじゃない」と思われるかもしれませんが、
企業への貸農園収入が増えますので結果的に収入増になります。

このモデルは様々な分野で実現可能だと思います。

「B型事業所の作業の専門分野化」
これが成功のキーになるのでは?と考えております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日々の選択の中で、少し意識を変えることで、新たな気づきを得てもっと社会と「関わりしろ」をもつことが出来ますよね。
eumoでは、「共感」させて頂いている方々を、引き続きご紹介していきたいと思います!



▼▼共感資本社会の実現を目指して
共感や信頼といった見えざる資産を基礎(資本)として活動していける「共感資本社会」の実現に向けて、3月9日(土)イベントを行います!
動き始めている登壇者たちと共に、「新たな時代」の方向性を参加者の皆様と共に考えていきたいと思います。交流会で活発に議論させて頂きたいと思いますので、ぜひお越しください!

お申し込みはこちらから

2019.02.28

「イケウチな人たち。」に弊社代表新井のインタビューが掲載されました

webメディア「イケウチな人たち。」に弊社代表新井のインタビューが掲載されました。
eumo投資事業部の投資先第一号案件である、池内タオル・IKEUCHI ORGANICさんについて、またお金をデザインする話について思いのたけを熱く語っています。
記事はこちら

この記事から先の内容を知りたくなった方は、
ぜひこちらの3月9日(土)のイベントにもお越し下さい!
詳しくはこちら

皆様と、より幸せな社会創りについて議論させて頂けるような交流会の時間も設けております。ご参加、心よりお待ちしております!

2019.02.21

Eudaimonia Forum 2019開催のお知らせ

新たな時代のヒントを探る eudaimonia フォーラム

共感資本社会の実現を参加者、登壇者で「共に考える」場として
3月9日にEudaimonia Forumを開催します。


今の社会は関係性を分断し、効率を高めることによって「見える資産」を増やしてきました。
「見える資産」を増やすために、「短期・分断」が盛んに行われ、
その結果として「見えざる資産」につながる「長期・信頼」という価値が失われてきました。
しかし、私たちが感性として認識している「いい会社」や「いい地域」には、
多くの「見えざる資産」が残っています。

今、私たちの社会は「見えざる資産」を大切に育んでいくことが重要なのではないでしょうか。
共感や信頼といった見えざる資産を基礎(資本)として活動していける
「共感資本社会」の実現に向けて動き始めている登壇者たちと共に、
「新たな時代」の方向性を参加者の皆様と共に考えていきたいと思います。


お申し込みはこちらより


第1回 Eudaimonia Forum 2019

テーマ:共感資本社会の実現を「共に考える」

日時:2019年3月9日(土)
場所:新有楽町ビル7F
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目12-1
参加費:5,000円
定員:100名(事前申込制:先着順)
主催:株式会社eumo
共催:株式会社FiNC Technologies
協賛:株式会社ワークハピネス


当日のスケジュール

12:30 受付開始
13:00 開会挨拶
13:10 キートーク:「eumoが目指す共感資本社会とは」新井和宏氏(株式会社eumo 代表取締役)
14:10 講演「幸福経営学とユーダイモニア」前野隆司 氏(慶應義塾大学大学院 SDM研究科教授 )
15:10 ~休憩~
15:30 クロストーク:「共感資本社会の実現を考える」
    榊正壽氏 (EY新日本有限責任監査法人 シニアパートナー)
    竹本吉輝氏 (株式会社トビムシ 代表取締役/ 株式会社eumo 取締役)
    岩波直樹氏 (eumo Academyディレクター/株式会社ワークハピネス Co-Founder)
16:30 全体ディスカッション
17:00 eumoアカデミーについて:岩波直樹氏 (eumo Academyディレクター/株式会社ワークハピネス Co-Founder)
17:20 質疑応答 、アンケート
18:00 フォーラム終了

18:00 ~交流会~(軽食有)
19:30 終了


ef-v3

【登壇者プロフィール】(敬称略)

新井 和宏
株式会社eumo 代表取締役

1968年生まれ。東京理科大学卒。1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍(個人投資家約1万9千人、純資産総額約360億円(2018年5月時点))。2018年9月13日株式会社eumoを設立。
2015年5月11日放送 NHK 「プロフェッショナル~仕事の流儀」出演
著書『投資は「きれいごと」で成功する』(ダイヤモンド社)、『持続可能な資本主義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』(イーストプレス)

前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授

山口生まれ。広島育ち。84年東工大卒。86年東工大修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授等を経て、2008年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。2011年より同研究科委員長兼任。研究領域は、ヒューマンロボットインタラクション、ハプティックインタフェース、認知心理学・脳科学、心の哲学・倫理学から、地域活性化、イノベーション教育学、創造学、幸福学まで。主宰するヒューマンシステムデザイン研究室では、人間にかかわる研究なら何でもする、というスタンスで、様々な研究・教育活動を行っている。また、所属する文理融合の大学院SDM研究科では、環境共生・安全などの社会的価値を考慮した様々なシステムのデザインに関する研究・教育を行っている。

榊 正壽
EY新日本有限責任監査法人シニアパートナー

茨城大学大学院農学研究科修士課程修了。昭和63年に太田昭和監査法人(現・EY新日本有限責任監査法人)に入所。グローバルに事業展開する日本企業の監査・アドバイザリー業務、金融機関・官公庁等のシステム監査に従事してきた。世界4大会計事務所のひとつであるアーンスト・アンド・ヤングにおいて、日本エリアのChief Knowledge Officer, Chief Information Officer、新日本有限責任監査法人・常務理事等を歴任。アーンスト・アンド・ヤングのグローバルレベルでのIT組織統合プロジェクトに参画。2010年クロスボーダーでITオペレーションを担う、アーンスト・アンド・ヤング・ビジネスイニシアティブ株式会社の設立に関わった。
著書に『図解でスッキリ仮想通貨の会計とブロックチェーンのしくみ』(共著、中央経済社)、『できるCIOになるための「経理・財務」の教科書』(共著、税務経理協会)などがある。

竹本 吉輝
株式会社トビムシ 代表取締役
株式会社eumo 取締役

1971年神奈川県生まれ。横浜国立大学国際経済法学研究科修了。外資系会計事務所、環境コンサルティング会社の設立経営などを経て、2009年、株式会社トビムシ設立、代表取締役就任。13年、株式会社東京・森と市庭を設立。専門は環境法。国内環境政策立案に多数関与。同時に、財務会計・金融の知見を加味した環境ビジネスの実際的、多面的展開にも実績多数。立法(マクロ政策)と起業(ミクロ市場)で双方の現場を知る。

岩波 直樹
eumo Academyディレクター
株式会社ワークハピネス Co-Founder

大学卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。法人営業および外国為替業務を担当。 様々な企業経営者と向き合う中で、経営において「人と組織のもつ潜在能力を最大限に引き出すために何が出来るか」という命題にたどり着き、自ら実践者となるべく2002年ワークハピネスの立ち上げに参画。2019年よりeumoの立ち上げに参画、eumo Academy Directorを務める。現在は株式会社eumoを中心として、次の文明社会の創造であると考える共感資本社会を実現する活動に取り組んでいる。

※内容や登壇者は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

==================================
【本イベントに関するお問い合わせ】
メールアドレス:info@eumo.co.jp
==================================

お申し込みはこちらより