ニュース

2018.11.28

【プレスリリース】カヤックグループ株式会社QWANとの地域活性化に関する協業のお知らせ

 

【本件概要】

株式会社eumo(本社:東京都港区、代表取締役 新井和宏、以下「eumo」)と、株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)の子会社である株式会社QWAN(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:柳澤大輔、以下「QWAN」)は、2018年11月28日(水)に地域コミュニティの活性化に関する協業において合意したことを発表いたします。

「QWAN」公式サイト:https://qwan.jp/

 

【協業目的】

株式会社 eumo は「共感資本社会の実現を目指す」ことを経営理念として 2018 年 9 月に設立さ れました。利益を生み出す源泉は「人・モノ・カネ・情報」から見えない「共感資本」へ。この「共 感資本社会」の実現を目的に人財教育事業、ソーシャルビジネス支援を中心とした投資事業、広域 地域ポイントの開発普及などのプラットフォーム事業を事業の柱とします。

一方、カヤックは、地域にはお金ではない、あたたかな価値が眠っているという考えのもと、2002年から鎌倉に本社を置き活動を行なっております。また、地域創生事業としてシティプロモーションの支援や、地域ならではのさまざまな魅力を生かして豊かさを実現する地域資本主義(※1)の提唱など、地域に根ざした展開を行っております。カヤックグループであるQWANは、カヤックの主たる事業であるWeb制作やゲーム開発、地域活動などの経験を生かし、コミュニティ活性化事業を推進する新会社です。特に、2019年中に地域社会資本(人と人のつながり)の増大に向けてのソリューションサービスの提供を計画中です。

今般、eumoとカヤックは両社の強みを生かすことで、地域やコミュニティの課題と、その課題解決に寄与する公益性の高い事業者の双方を、包括的に支援することが可能になり、さらにeumoとカヤック両社のサービス訴求にもつながると考え、以下の役割分担において協業することに同意いたしました。

(※1)地域資本主義(鎌倉資本主義):https://kamakura-capitalism.jp/

 

【協業の内容】

  1. (1)QWANが活性化を支援する地域やコミュニティにおいて、公益性の高い民間事業者に対する資金調達、および人財育成をeumoにて支援。
    (2)eumoが支援する公益性の高い事業者に対して、その事業者が貢献するコミュニティへの活性化支援をQWANにて実施。

具体的な業務提携の内容については、2019年中に予定しているサービス発表、およびサービス提供開始後に決定いたします。

 


【QWAN会社概要】

社名 株式会社QWAN(クワン)
URL https://qwan.jp/
所在地 神奈川県鎌倉市御成町11-8
設立 2018年8月28日
代表取締役 柳澤大輔
事業内容 コミュニティ活性化事業

【カヤック会社概要】

社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
所在地 神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立 2005年1月21日
代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容 日本的面白コンテンツ事業

【eumo会社概要】

社名 株式会社eumo
URL https://eumo.co.jp/
所在地 東京都港区六本木7-3-13
設立 2018年9月13日
代表取締役 新井和宏
事業内容 共感資本社会実現のための人財教育事業、投資事業およびプラットフォーム事業

 

【本件のお問い合わせ先】

株式会社eumo
経営企画室 枩山(マツヤマ)・伊藤
info@eumo.co.jp

株式会社カヤック
広報
promo@kayac.com

QWANeumoプレスリリース